新規ライバーは増え続ける

新規ライバーは増え続ける

これからは何らかの形で発信するのが当たり前となり、ライバーを志望する人もますます増えてくるでしょう。

そしてライバー志望者が増えるということは、ライバーディレクターの需要も大きくなるということを意味しています。

ライバーを始めたいけど、そもそもどうやって始めるのか、視聴者をどうやって獲得するのか等、様々な疑問に悩まされるでしょう。

そんな悩みを解決するために、ライバーにアプローチしてあげられるのがライバーディレクターというお仕事なのです!

【ライバーディレクター育成講座】
無料オンライン説明会に参加⇒

独力でのライバー活動は厳しい

(ライバーは、本当にディレクターの力を必要としているの…?)

このように考える人も、多いのではないでしょうか。

いざ実践してみれば分かりますが、自分で自分をプロデュース、ライバーとして売り出していくのは至難の技なのです。

また、私たちライバーディレクターが打ち出す募集広告をみて、実際に応募してくるほど意識が高いライバーは、基本的に自分でも色々なことを試しています。

その結果、一人の力では限界があると悟って応募してくるわけですから、やはり個人でできることには限界があるのです。

YouTuber専門学校から分かる動画・配信市場バブル

最近ではYouTuber向けの専門学校も開かれ、定員100名の枠に対して、200名以上の応募があったそうです。

これは間接的に、ライバーディレクターの需要が高まっていることを意味しています。

動画の作り方や、動画配信者としての売れ方を知りたいという人が、それだけ増えているということですからね。

また今後において「動画投稿者やライバーの需要はますます大きくなる」ということを予見する人物がいます。

それはホリエモンこと堀江貴文氏であり、彼は近畿大学のスピーチにて「これからは一億総発信する時代になる」と述べているのです。

これは当時2015年の話であり、あれから7年後の現在、SNS・ブログ・動画など、個人の情報発信ムーブメントは高まるばかり。

動画投稿者やライバーに対して支払われる報酬も多くなり、市場全体が盛り上がりを見せています。

ただ、動画市場のバブルはまだまだ始まったばかりで、今から始めてもむしろ早いぐらい…とまでは言いませんが、喰いっぱぐれることはありません。

これから加速する一億総発信の時代に向けて、皆さんも1つ動画や配信に関わるスキルの獲得を目指してみてはいかがでしょうか。

【ライバーディレクター育成講座】
無料オンライン説明会に参加⇒
TOPページを見る